デントマンのリペアブログ

デントマンのリペアブログ

HOME | デントマンのリペアブログ | スバル | せっかくですものね

デントリペア左リアドアスバル

せっかくですものね

 

スバル・フォレスターです。

今回のお客様、このお車を作っていらっしゃるメーカーにお勤めだそうです(汗)
左リアドアのへこみですが…。 …いつも以上に緊張するリペアになります((・(ェ)・;))

お客様のお話では県外へお車でご旅行の際、とめた駐車場で隣の車にドアパンチをうけたそうです。しかも2ヶ所…(u_u。) お気持ちお察しします……。

まだ納車されてから一ヶ月程度との事…。
「久しぶりの新車なんできれいにして乗っていきたいんですよね」
とおっしゃっておられました。

 

デントリペア施工例(スバル)

スバル フォレスター

デントリペア施工例(スバル)

デントリヘア施工前(左リアドア1)

デントリペア施工例(スバル)

デントリヘア施工後(左リアドア1)

デントリペア施工例(スバル)

デントリヘア施工前(左リアドア2)

デントリペア施工例(スバル)

デントリヘア施工後(左リアドア2)

 

へこみそのものはリペアにあたって問題ないレベルでしたが、へこみの裏側にインパクトバー(側面衝突時にドアの強度を保つパイプのような構造材です)があり、シーリング(ゴム状の充填材です)が広範囲に入っていました。

シーリング部分がゆがみに影響していたためリペアに少し時間をいただきました。

リペア後に仕上がりをみていただいたところ「生産時のプレス整形の精度もありますから…。そういう目でみてもキレイに直ってますね。よく直せるものだと驚きました」
とおっしゃっておられました。

生産の現場に関わる方にお褒めいただき大変光栄です(*^.^*)

ドアパンチ程度のへこみならよほど条件が悪くない限りキレイに直りますので、もし見つけてしまったらとりあえずデントリペアでみてもらう…。鈑金塗装はそれからでも遅くはありません。

デントリペアは金額やクオリティ、スピードとも直せる範囲のへこみならすべてにおいてメリットがあります。

今回のおいでになったお客様も「できれば新車時の強度、耐久性のある塗装をそのままにしておきたかった」と、やはりプロらしい視点で見ておられ、デントリペアにもとても興味をお持ちのようでした。

リペアのクオリティを重視した施工のため、お客様宅にうかがってのリペアは出来ませんが、お越しいただければ常に全力でリペアをさせていただいております。
へこみの悩み、いつでもご相談下さい。ありがとうございましたo(_ _)oペコッ